海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

西研NEWS

ICOSMap2016(international Conference on Oceanography and Marine Production),
Multi-copter application by Prof. Nishi 

MulticopterAppli2016_im.png

研究室ではUAVで撮影した画像から写真測量により地形や地物を点群データ(LAS)やオルソフォトデータを作成しています.そこで災害時などデータの即時性を求めるため点群データをWebやオルソデータを3Dpdfで公開しています.

 

点群データをWebで確認できます(サンプル:吹上浜伊作川河口)
※サンプルデータについては簡易解析版につき縮尺や高さについては保障していません
http://coastalresearch.sakura.ne.jp/potree/examples/izaku.html

オルソフォトによる3DPDFはここからダウンロード
(閲覧には3Dpdfを閲覧するためのAdobeAcrobatが必要です)

izaku.png

 

2016年熊本・大分地震 災害支援および被災調査(速報) その1.pdf

 

2016年4月20日に、災害支援物資を九州ル-テル学院大学に届けてきました。また、避難所を見てその運営状況を説明いただき、その後、熊本市内、益城町、阿蘇方面(通行止めまで)の被災状況を概略ですが把握してきました。

 九州ル-テル学院大学内の避難所および「支援物資仕分け・配達ル-ム」を担当の先生に案内いただき、ボランティア学生と話をし、支援物資が、ル-テル学院大学を核にして、避難してきている方々や地域内で支援を待っている被災者に、円滑に配られるシステムができている様子を確認できました。数十人規模の学生が、主に自分達で被災者の支援方法を決めたのは、さすが今の若者達と言う感じです。4トントラックで配達した支援物資は、自社が地震の影響を受けたにもかかわらず、短時間で日建工学株式会社の行本会長、鹿児島支店の高津原さんのご尽力で集めていただいたものです。とても感謝しております。また、一研究者として、西も当方の車に支援物資を積んで、トラックを先導し安全に届けてきました。

 熊本市内を車で移動しながら被災状況を見た後に、震度7を記録した益城地区に移動し、被災状況を歩いて確認しました。木造、そして、瓦屋根構造物の被害が顕著ですが、コンクリ-ト構造物の被害もありました。以下のスライドに被災状況を概略示します。雰囲気をお掴み下さい。そして、阿蘇方面に移動し、阿蘇大橋手前の通行止めの所で引き返しました。阿蘇方面も住宅被災が多数ありました。また、お墓や石材店の石造り物件は転倒している物や、加速度の関係で飛ばされたような感じの被災状況もありました。その後、南下し、宇土市、宇城市経由で八代インタ-に乗りました。宇城市でも道の駅駐車場が避難車両で車内生活をされている方々で占められていました。高齢者や小さな子供、そして、ペットも疲れている様子が垣間見えました。

 八代で、卒業生からら被災状況を聞きました。建物損傷は無くても、自宅内がひどい状況で片付けが大変そうですと聞きました。また、必要会支援物資の提供と被災調査を行う予定ですので、ボランティア活動を含めて、ご協力いただける方はよろしくお願いします。

鹿児島大学水産学部 教授 西  隆一郎
連絡先; ℡ 099-286-4101
Email; nishi24アットfish.kagoshima-u.ac.jp

熊本地震災害支援被災調査その1.png

2016年熊本・大分地震 災害支援および被災調査(速報) その1.pdf

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11