海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

西研NEWS

6月10日に肝付町立岸良小・中学校にお邪魔しました。

児童、生徒また地域の皆様に向け、今回の訪問ではウミガメ講習会を行いました。

自然豊かで食べ物もおいしい素晴らしい所でした。

また来年もお邪魔したいです。

児童の感想文も含め活動内容を報告致します。

資料へはこちら!!

kisira.jpg

 海岸環境工学研究室(共同研究:大分大学)では,大分県佐伯市米水津間越において海岸環境調査を行っております。
 現地調査も含め現地の調査活動内容をご報告します。

 大分県間越地区現地調査の報告

news_0704.png

 海岸環境工学研究室より最近の活動状況を踏まえ,暑中お見舞いニュースを配信します。

 海岸環境工学研究室ニュース-残中お見舞いニュース-

 また,海岸環境工学研究室では環黒潮圏海岸境保全,陸域からへ土砂や栄養塩供給(物質循環),海域の安全利用,海岸侵食や保全、湖の水質に関わる問題UAV(無人航空機)空機)の運用技術に関わる問題、ウミガメ等絶滅危惧種保護す航レ-ザ測深システ空機)の運用技術に関わる問題,種保護す航レ-ザ測深システム(ALB)の利活用に関して取り組みますので,いつでも気軽にご相談ください。

170704A.png

これから夏に向け海水浴や川遊びを楽しむ方々も増えると思います。その一方、夏になると水難事故も毎年多く発生しています。皆さんが安全に楽しく海岸で過ごせるように水難に繋がりやすい危険な水域には近づかないようにしましょう。

以下に危険な水域にある看板についての資料をアップしています。

安全な遊泳利用の啓発看板

 鹿児島大学水産学部には、海に関わる職業に就きたい学生がたくさんいます。その中で、将来、海のパイロット(水先人)になりたい学生さん 3 名を、門司にある関門水先人会で2017年3月29日に開催された水先業務の現場見学会に引率してきました。

 以下、水先人現場見学会の報告と、参加した学生の感想について資料をアップしています。

水先人現場見学会報告書(画像をクリックしてもOK)

20170329_mizusaki.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11