海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

西研NEWS

 平成29 年11 月1・2日に福岡市(パピヨン21)で開催された平成29年度農業農村工学会九州沖縄支部大会において,研究室OBの鶴成悦久さん(大分大学准教授・研究室外部スタッフ)が「GISを用いた流域水収支の推定」(鶴成 悦久・西  隆一郎)にて優秀賞を受賞しました。発表時は,前職である鹿児島工学院専門学校の教諭として,本研究室で取り組んだ研究が評価されました。

 多様性に富む沿岸の水圏域環境は,里山を源流域とする河川が流域の栄養塩を沿岸域に供給し,沿岸域の一次生産や生態系を維持しています。研究室に所属する学生は森・川・海の連続的な環境を視野に,保全技術の開発やモニタリング,そして防災・減災に関するテーマに研究を進めています。研究室OBには大学・高専の教員,行政,社会基盤コンサルタントなど,幅広い分野で研究者や技術者として活躍しています。

 本研究室の研究テーマに興味がある学生や社会人の方はぜひ,研究室にご訪問ください!

学会賞.png

 

岸環境工学研究室では調査などにUAVを利用しています。

今回はUAVへの理解を深めるために勉強会を開催いたします!!

日時は2月17日(土) 13時~17日です!!

要望があれば2月18日にUAVフライト講習を天候次第で行います。

UAV(ドローン)の操縦経験のない生徒や学生さん、研究者、技術者、そして、一般市民の方々もぜひご参加ください!!

可能な限り事前登録(指名・所属・連絡先)を下記のEmailアドレスにお願いします。

当日参加も可能です。

                                                                                                                勉強会案内はこちらから!

西 隆一郎 Email; nishi24@fish.kagoshima-u.ac.jp

        ; sediment_24@hotmail.com
(※できるだけsediment_24@hotmail.com に送信いただけると助かります。)

海岸環境工学研究室では調査などにUAVを利用しています。

今回はUAVへの理解を深めるために勉強会を開催いたします!!

UAV(ドローン)の操縦経験のない生徒や学生さん、研究者、技術者、そして、一般市民の方々もぜひご参加ください!!

可能な限り事前登録(指名・所属・連絡先)を下記のEmailアドレスにお願いします。

当日参加も可能です。

デモ飛行など何かご希望がございましたら勉強会前日または翌日に調整可能ですので、その旨をお伝えください。

勉強会案内はこちらから

勉強会資料はこちらから

西 隆一郎 Email; nishi24@fish.kagoshima-u.ac.jp

                                sediment_24@hotmail.com

                    (※できるだけsediment_24@hotmail.comに送信していただけると助かります。)

7月28日に赤潮警報の出ていた長島ステーション横の海域で空撮を行いました。

その時の空撮写真を掲載いたします。

長島町海水モニタリング20170731nagashima.png

海岸環境工学研究室ではUAV(マルチコプター、ドローン)を用いて干潟の調査を行っております。

今回は八代海の干潟の写真を利用し写真測量を行いました。

是非ご覧ください。

                  

干潟の写真測量資料

無題.png

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11