海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

西研NEWS

(故)日高 正康 准教授 博士論文(遺稿)について 
 
鹿児島大学水産学部の日高正康先生は,2014年1月16日に永眠なされました.日高先生は,海岸環境工学研究室メンバ-と共に長年に渡り底質に関する研究活動を行われ,研究室のお客分的な存在でした.日高正康准教授の未提出となった博士論文(遺稿)を公開し,ご遺徳を偲びます.
合掌.


鹿児島大学連合大学院農学研究科 論文博士用 提出論文(遺稿)
半閉鎖的水域での底質環境に関する水産学的考察

<研究内容>

海洋生態系や水産生物の生息環境を理解するためには,地形や水質に加えて,底質に関する調査と解析が必要である.そこで,本研究では「海域の閉鎖性」「海域の人為的な改変」「自然の外力による海域の大規模改変」「底質環境の時間的な変化」「海底面の嫌気環境化」「地球温暖化が底質環境・水質環境に及ぼす影響」などをキ-ワ-ドに,国内の複数の海域で行った底質調査の結果をもとに,水産学的考察を行う.

 

海岸環境工学研究室の加茂 崇君の学位論文公開審査会が決定しましたので以下通りご報告します。


所属:鹿児島大学大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学 水産資源環境科学
日時:平成26年1月22日(水)13:00~
場所:鹿児島大学水産学部中会議室
対象:加茂 崇
主査:西 隆一郎
論文:砂質性海浜における地下水の栄養塩供給機構 (A mechanism of nutrients supply by groundwater discharge in a sandy beach)


 

2014年 新年あけましておめでとうございます.
鹿児島大学水産学部西研究室(海岸環境工学研究室)一同,
一富士,二鷹,三亀のご利益で,
本年もよろしくお願いいたします.

謹賀新年.jpg

海岸環境工学研究室では,NPO法人屋久島うみがめ館との共同研究により,アカウミガメの放流後の索餌回遊と産卵回帰の際の接岸過程を明らかにする調査研究を行っております。当初(平成24年8月)は個体番号ID108910~ID108914の4体を追跡していましたが,現在ではID108911の1個体のみが追跡できる状態です。そのため,それ以外の個体については現在追跡できません。なお,詳しい情報についてはWebGIS「アカウミガメ回遊追跡マップ」をご覧になるか,過去のPDFデータをご覧ください。

 

福島県水産試験場相馬支場と鹿児島大学水産学部海岸環境工学研究室は,松川浦の入り口近くの観測点に、海象計(WaveHunterΣ)と濁度計(COMPACT-CLW)を設置して,潮位・潮流(2成分)・波浪(波高・周期)・水温,および,濁度・クロロフィル・水温の共同観測を行っております.

松ヶ浦海象計観測概要(第一次観測)を更新しましたので,以下のサイトをご覧ください.なお,平成24年3月3日松川浦湾松川浦流況入口付近調査結果についても更新しております.

福島県松川浦の水産業復興および環境調査に関する共同研究

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12