海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

復興支援-福島県

鹿児島大学水産学部海岸環境工学研究室では2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)において,被災地復興のために水産海洋学および海岸保全に関する各種の災害支援を継続しています。そのため,水産業関係者および被災地復興支援に携わる関係諸機関・諸氏に必要な調査結果を随時公開していきます。

松川浦環境調査国大協表紙福島県松川浦の水産業復興および環境調査に関する共同研究」の2011 年度版報告書(10MB)
(一般社団法人国立大学協会平成23年度震災復興・日本再生支援事業費)














福島県松川浦の水産業復興および 環境調査に関する共同研究調査報告

平成25年度福島県相馬市松川浦の流況・濁度調査

 福島県水産試験場相馬支場と鹿児島大学水産学部海岸環境工学研究室は、松川浦の入り口近くの観測点に、海象計(WaveHunterΣ)と濁度計(COMPACT-CLW)を設置して、潮位・潮流(2成分)・波浪(波高・周期)・水温、および、濁度・クロロフィル・水温の共同観測を始めました。観測結果はアサリやアナゴ、そして海苔などの水産有用種の生息環境の解析に利用されます。

調査概要(水質計設置状況)

 fukushima_point.png

 本データについては干潮時に水深が浅すぎてエラ-デ-タになっております。また、台風により圧力センサ-が故障しています。加えて、超音波センサ-も台風で架台設置水深が少しずつ深くなっているので、補正が必要となります。

 

平成25年3月17日松川浦湾海底地形および水質環境調査結果

 

平成24年3月3日松川浦湾松川浦流況入口付近調査結果

1