海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

スタッフ

watanabe.JPG

諸岡 想(Sou Morooka)

鹿児島大学水産学部水産学科水産生物・海洋学分野

出身地:三重

 

 

 

自己紹介

 

 私は三重県の山間部にある大自然が豊かな片田舎で育ちました。自然の中で幼少のころから育った私は、大好きであった生物関係の研究がしたく水産学部に入学しました。学部は水産生物・海洋分野に進み、勉学に励んできました。

 学部の授業では水産学に関わる生物学、物理学、化学、数学から経済学まで幅広い分野を学びました。授業や実習を通じ、生物活動と生息環境には密接な関係が存在することをあらためて理解し、生物が環境に順応するまでの生息環境に興味を持ちました。そのため、環境の変化が、生物・生態系にどのように影響するか、また、環境変化に伴う様々な事象について解明したく本研究室を選択しました。

 西教授の下で、海岸環境と沿岸生態系を取り巻く環境の理解を深めながら、しっかりと研究を進めていきたいと考えています。

watanabe.JPG

金子 有理 (Yuri Kaneko)

鹿児島大学水産学部水産学科水産生物・海洋学分野

出身地:大阪

 

 

自己紹介

 水圏の環境は生物にとって安らぎの場所であり、我々がその環境を大切に保全すべきだと考えています。

 大阪で育ち、水圏の環境と関わりを持てなかった自分にとって、この安らぎの場である水圏環境を守るため、水産学部を志しました。

 環境を守ると言っても、生物、化学、物理といった様々な学問から水圏環境にアプローチする方法を水産学部で学びました。そこで、3年に進級するまでは私が比較的得意とする生物か化学を専攻とした研究を考えていました。ところが3年の初めに参加した観測実習で、今まで知らなかった世界を間近で体験することができ,環境観測のデータから水圏環境を理解することの面白さを感じました。夏に八千代エンジニヤリング株式会社で実施されたインターンシップに参加し、人と環境の間を取り持つ環境コンサルタントの仕事を知りました。そこで私は、人と水圏環境の両方に携わることのできる研究をしたいと考え、海岸環境工学研究室を志望しました。

 西研究室(海岸環境工学研究室)では水圏環境に関わるモニタリングや影響評価・予測に関する研究を行っており、私も水圏環境保全に関する研究を行いたいと考えています。研究と同時に物理や数学など苦手な分野もしっかりと勉強していきます。

 

tsurunari.jpg

鶴成 悦久  博士(学術) (YOSHIHISA Tsurunari,Ph.D.)
k8596349 アット kadai.jp

勤務先:大分大学准教授
研究テーマ:沿岸生態系を取巻く環境モニタリング手法
出身地:大分県杵築市山香町
鹿児島大学大学院連合農学研究科修了(博士課程)
鹿児島大学水産学部海岸環境工学研究室

<修士論文>
極浅海域を対象とした環境調査手法の開発と水圏GISの応用

<博士論文>
沿岸生態系を取巻く環境モニタリング手法
Environmental monitoring on the nearshore area ecosystem
Abstract;
 Terrestrial nutrients are transported into a nearshore zone to maintain a local ecosystem. Thus, development and application of an engineering method that can estimate quantity of nutrients supply to nearshore zone is necessary for a proper coastal management. In addition, nearshore current and sediment character which also affect a local ecosystem might be controlled by topography; however accurate sounding system is expensive and rarely applied to biological and ecological research. Therefore, new inexpensive but reasonably accurate method has been developed. 
 This study focused on a tidal flat, which is one of the major coastal environments, to apply the engineering techniques to estimate the terrestrial nutrients supply by a river discharge and groundwater discharge, and to monitor a nearshore topography and sediment characteristics. Then, aquatic GIS are applied to make the research results open to the public. 
 In Chapter2,An inexpensive GPS fish finder which is built with side scan sonar function is applied to measure near-shore zone topography. To estimate a survey error by the GPS fish finder, a survey using a total station has been conducted to achieve qualified highly accurate topography data set. The survey data using a total station and GPS fish finder are compared. Then, it is found that an survey data accuracy using GPS fish finder is as much as 1.2 to 1.6 times of the error that is accepted by the legal survey criteria, therefore this survey techniques using GPS fish finder cannot apply to a legal survey, however this survey technique can apply to an environmental study that require reasonably accurate topography such as for an ecosystem study.
 In Chapter3,local benthic ecosystem would be affected by the change in sediment size and composition, as well as nearshore topography including a river mouth. Therefore, these key factors have been examined. Sub-aerial topography and sediment characteristic had been surveyed for four years since 2009 to 2012 in this research. In addition, time history of river discharge and significant wave characteristics which affect sediment transport and topography change are estimated.
 In Chapter4,Previous field study on nearshore nutrients supply by Kamo shows that groundwater discharge around a shoreline is one of the major nutrients transport mechanism into the tidal flat, as well as the discharge from Omoi river. Therefore, further research on nutrient supply and fresh water discharge from hinter land region into the Shigetomi tidal flat has been conducted. A Water Budget Method is applied to estimate the freshwater discharge rate and volume in the Omoi river basin. Precipitation of the river basin was estimated to be 17.556 ×10^7m^3/year from which the volume of river discharge was 8.697×10^7m^3/year (50%), the quantity of ground water was estimated as much as 6.771×10^7m^3/year (39%), and the quantity of evaporation was 2.088×10^7m^3/year (11%), respectively Concentration of PO4-P in the ground water was nearly the same as that in the river water.
 Finally, it is emphasized that the developed techniques to estimate the terrestrial nutrients supply is unique concept and technical tool which can apply to most of coastal environment.

 

<研究紹介>

 浅海域である干潟は高い生物生産性を有し,陸域から流入する有機物質を吸収・固定する重要な役割を果たしている.さらに海洋生物および水産有用種の幼稚仔保育機能を有する海域であり,水産資源の保護・増殖の他,海洋生物多様性保全へ寄与される.したがって,定期的にモニタリングを行い,その結果に基づいて,適切な管理を行うことが望ましい.そこで干潟浅海域の生態系を取巻く環境の変化を定量的に把握するために,新たな環境モニタリング手法を開発・応用し,干潟環境の調査と解析,および結果の可視化に関する研究を行っている.

<研究実績>

  • 山崎利夫・鶴成悦久・平瑞樹・吉松一成・小川領一:フリーのGISソフトを利用したマップ作り講習会の試み,地理情報システム学会講演論文集Vol.14,pp.152-155, 2005.
  • 鶴成悦久・山﨑利夫・小川領一・平瑞樹:電子国土Webシステムによる地域安全マップの活用の試み―小学生による通学区域内の危険箇所調査をもとに―,地理情報システム学会講演論文集,Vol.17, pp.567-570. 2008.
  • 山﨑利夫・鶴成悦久・村上幸司 ・次石健太:過疎化・高齢化の著しい集落の人口動態及び生活実態に関する研究,地理情報システム学会講演論文集,Vol.18,pp.349-352, 2009.
  • 鶴成悦久・山﨑利夫・市園誠一郎・庄村幸輝:AED 電子マップの効果的活用法に関する研究, 地理情報システ学会講演論文集(CD-ROM) ,Vol.19ROMBUNNO.3A-1,2010.
  • 西 隆一郎・Julianti Manu・Tommy Jansen・林健太郎・鶴成悦久:津波による第Ⅰ砂丘部および海岸保全構造物背後の洗堀地形について, 海洋開発論文集,第28巻,2012.
  • 鶴成悦久・西 隆一郎・加茂 崇:水圏環境GIS を用いた重富干潟における環境特性の解析, 地理情報システム学会講演論文集(CD-ROM) ,Vol.20ROMBUNNO.C-6-4,2012.
  • 山﨑利夫・竹下俊一・前田博子・隅野美砂輝・鶴成悦久:スポーツ地理情報デジタルアーカイブの構築,スポーツ産業学研究,Vol.23,No.2,pp.213~226,2013.
  • 鶴成悦久・西 隆一郎・加茂 崇・立山 芳輝・浜本 麦・林 健太郎:GPS魚群探知機による極浅海域を対象とした調査手法に関する研究,土木学会論文集B3(海洋開発),VoL.69,No 2,I_1132-I_1137,2013.
  • 加茂 崇・西 隆一郎・鶴成悦久・須田有輔・早川康博・大富 潤:砂質性海浜に流入する淡水量の推定-鹿児島県吹上浜を例に-,土木学会論文集B3(海洋開発),VoL.69,No 2,I_545-I_550,2013.
  • 加茂 崇・西 隆一郎・鶴成悦久・黒瀬久美子:海岸湧出地下水の研究-鹿児島県松ヶ浦海岸潮間帯から湧出する地下水-,土木学会論文集B3(海洋開発),VoL.69,No 2,I_539-I_544,2013.
  • 鶴成悦久・西隆一郎・浜本麦・濵﨑浩徳・池田克彦・加茂崇・渡辺卓也:鹿児島湾奥部に位置する重富干潟の地形特性,土木学会論文集B3(海洋開発),VoL.70,No 2,I_I_1122-I_1127,2014.
  • 加茂崇・鈴木信・和田敏裕・岩崎高資・渡辺卓也・西隆一郎・鶴成悦久:福島県松川浦における淡水流入量の推定および浦口周辺の水圏環境調査,土木学会論文集B3(海洋開発),VoL.70,No 2,I_1020-I_1025,2014.
  • 西 隆一郎・鶴成悦久・細谷一範・Mario de Leon・松元 勇・佐々木秀勝:リ-フ沖合海域海砂採取がリ-フ内海浜に与える影響評価-喜念浜の事例解析,土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.71,No.2,I_772-I_777,2015.
  • 鶴成悦久・西 隆一郎・加茂 崇・渡辺卓也・間世田未来・浜本 麦・峯 俊介・石川和雄:重富干潟における栄養塩供給と淡水流入量の推定,土木学会論文集 B3(海洋開発),Vol.71,No.2,I_857-I_8552015.
  • 西 隆一郎・(故)日高正康・鶴成悦久・松元 勇・小湊信一・村上啓介:大根占海域における海砂採取の周辺環境への影響評価調査,土木学会論文集 B2(海岸工学),Vol. 71 (2015) No. 2 p. I_745-I_750,2015.
  • K. Hosotani, R. Nishi, and Y. Tsurunari, Simple Underwater Monitoring of Shallow Water Using a Spherical Camera Mounted on a Radio-controlled Boat, the 2016 IEEE Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2016), December 3-7, 2016, Shangri-La Hotel, Qingdao, China.


<著書(共著)>

  • 山崎利夫,鶴成悦久,松田欣也,平瑞樹,鈴木雄清(共著):カシミール3DとGPS・GISを使ったオリジナルマップ作成講座,鶴成は第1章・第2章・第4章.第5章を執筆,古今書院,2006年8月.

<Webサイト>

1