海岸・渚・海辺の環境保全に関わる西隆一郎研究室の紹介 -海を守る、人を護る、自然環境を次世代に残す研究-
Coastal Engineering and Science - Protect Seashore, Preserve the Nature, Assist Safe Utilization (Prof. Dr. Ryuichiro Nishi )

スタッフ

watanabe.JPG

水口将宏(Mizuguchi Masahiro)

鹿児島大学水産学部水産学科水圏科学分野海洋環境科学コース

出身地:神奈川

 

 

 

 

自己紹介

 皆さんは、水産学部ときいて何を連想するでしょうか、自分が受験生の時この水産学部という文字を見て連想したのは漁業や食品加工などでした。もちろん水産学部ではそれだけでなく、海洋生物や気象、海象などの分野も扱っています。私はその中でも海洋環境の保全や人と海のつながりを守る教育・研究に興味を持ち鹿児島大学水産学部に入学しました。

 この鹿児島大学水産学部で授業を受けていく中で、さまざまなことを学び、体験する中で入学当初興味のあった分野についてだけでなく、他の分野についても考えるようになり、より幅広い視野で問題解決に取り組めるようになりました。以前にも増して海洋環境とそこに住む生物・人との関わりに興味を持つようになりこの海洋環境工学研究室への配属を希望しました。

 これからは、西教授のもと様々なことを学び知識を得るだけでなく、知識を伝えることが出来るよう努力していきたいと思います。

watanabe.JPG

梶山 龍太  (Ryota Kajiyama)

鹿児島大学水産学部水産学科水圏科学分野海洋環境科学コース

出身地:岐阜

 

 

自己紹介

 私は自然が豊かな岐阜県の田舎で育ちました。周りを山などに囲まれて過ごした私はめったに見ることができないこともあり,海という環境に強く引き付けられ興味を持ちました。また当時動物の行動に興味を持っていたので,生物について学びたいと考え水産学部に入りました。

 学部の講義では水産に関して生物学,物理学,化学,数学,さらには水産業の歴史や経済など幅広く学びました。講義を通して生物が生育するためには,その周囲の環境が適したものであることが必要であり,また環境の変化によって生物に様々な影響が及ぼされることも理解し,生物と密接に関わる環境に興味を持ちました。環境に対する理解を深めるために,幅広く環境をテーマとして研究対象としている本研究室を選択しました。

 研究室での活動を通じて講義で学んだ生物と環境との密接な関わりを再確認するとともに,豊かな生物を育む環境への理解を深めていきたいと考えています。

 

watanabe.JPG

米田 彩花 (Sayaka Yoneda)

鹿児島大学水産学部水産学科水圏科学分野海洋環境科学コース

出身地:兵庫

 

 

 

 

自己紹介

 私は兵庫県の田舎で多くの自然と生き物に囲まれて育ちました。幼いころにイルカショーを初めて見て調教師の指示を理解し行動するイルカに感動しました。それから直接水族館を訪れ、本やネットでイルカに関することを調べていくにつれてイルカへの愛が深まりそれと同時に水族館の飼育員になりたいと強く思うようになりました。

 イルカのことをもっと知りたいと思い水産学部に入学しました。水産学部では生物だけでなく物理、工学、化学、経済など様々な分野で水産学というものを学びました。特に3年生の時に参加した乗船実習では、黒潮の流れや塩分などの測定を行い、その結果からプランクトンや魚など黒潮の生物について考えました。この実習をきっかけに生き物だけでなくその周りの環境を考えることも大切だと知りました。

 西研究室では、水族館のイルカがより過ごしやすい環境をつくるにはどうすればよいのかを考え、たくさんの方々からお話を聞いて、自分でも本や論文を読んで勉強していきたいと思います。

 

watanabe.JPG

Jasmine Wilchcombe (ジャスミン ウィルチコム)

鹿児島大学大学院連合農学研究科(修士課程)

出身地:バハマ

 

 

 

 

Introduce 自己紹介

 My name is Jasmine Wilchcombe. I was born and raised in the sunny islands of the Bahamas. When I was 16, I started my first internship with the shark research project at the Cape Eleuthera Institute. This experience is what first sparked my interest in marine biology and environmental sciences.

 I then went on to the University of St Andrews in Scotland where I completed my BSc in marine biology. During that time I was able to work on several other research projects including cobia aquaculture, patch reef ecology, Nassau grouper spawning and conch conservation.

 When I returned home, I joined the education department of the Bahamas National Trust and worked on several public outreach and environmental education initiatives. Following that, I worked to develop a marine education kids program at the Baker's Bay Club.

 This April I moved to Kagoshima as a MEXT scholar to study coastal management at Kagoshima University with a focus on hurricane and typhoon impact. I am extremely excited to be here and get involved in the research! I am looking forward to all of the new experiences I will have working in Nishi Sensei's lab!

 私はジャスミンウィルチコムです。バハマのサニー諸島で生まれ育ちました。16歳の時にCape Eleuthera研究所のサメ研究のプロジェクトに初めて経験するインターンシップとして参加しました。この経験は私にとって海洋生物科学、海洋環境科学に興味を持つ最初の要因となりました。

 のちに私は海洋生物学の学士号を取得することとなるスコットランドのセントアンドリュー大学に進みました。在学中にはcobia aquaculture, patch reef ecology, Nassau grouper spawning and conch conservationなどのいくつかのプロジェクトに参加することができました。

 私は帰国したのち、バハマナショナルトラストの教育部に参加し、いくつもの公共奉仕や環境教育の計画を行いました。そしてBaker's Bay Clubでの子供たちへの海洋教育のプロクラムの発展させるという仕事をこなしました。

 今年の4月に台風やハリケーンの影響の研究のなされている鹿児島大学に海岸管理について学ぶために文部科学省の留学生制度を利用して鹿児島にやってきました。私は鹿児島に来て研究に関われることにとても興奮しています!西先生の研究室で仕事をしてできる新しい経験のすべてが楽しみです!

watanabe.JPG

池下 大志(Ikeshita Taishi)

鹿児島大学水産学部水産学科水産生物・海洋学分野

出身地:埼玉

 

 

 

自己紹介

 私は海のない埼玉県出身ですが祖父が香川で漁業を営んでおり海には小さいころから触れてきました。幼いころから海に触れて興味を惹かれて海について学んでいきたいと思い、水産学部を目指しました。

 

 大学に入ったばかりのころは自分が何をしたいのかも定まっていませんでしたが、今は水産という分野でも環境という面からアプローチをしてみたいと思っています。漁業や生物の営み、水産業界の根幹となる海洋環境を様々な分野から見つめなおすことができるこの海岸環境工学研究室へ入りました。

 

 研究室で今まで以上に広い視野で海洋に関して学び、研究をしたいと思います。

1  2